そばに関連した本のご紹介。中には全然関係ないものもありますのであしからず。

2019.12.11_新聞広告「げんでん東海 地域だより(2019年冬号)」に掲載された記事。
そばを幅広く勉強してみよう
『ソバ、そば、蕎麦を究める』著者 野上公雄幹事長

いばらき蕎麦の会の会員の皆さんは、そばが好きという共通の基盤を持っていると思いますが、興味を持つ分野や比重は様々ではないでしようか。そばを十分に楽しみたいというのであれば、そばのことを幅広く知り、そばの栽培やそば打ち等を実践し、奥を究めて行く対応が必要となります。
しかし、そばのことを調べようとした場合、そばの打ち方や美味しい蕎麦店の紹介、そばの歴史等個々の分野を取り上げた書籍は数多くあるものの、一冊読めば蕎麦のことが解かるという便利な本は残念ながら見当たりません。
そこで、こうした要望に応えるべく、小生は、茨城新聞社から『ソバ、そば、蕎麦を究める』を出版しました。本書には、そばについて知りたいと思うような事項がほぼ網羅してあり、全国のそば関係者からも高い評価を受けています。全麺協の段位認定に挑戦する際の論文等を作成する時に役立ったとの感想も寄せられています。
そばについて、興味がある分野やよく知りたいと思った場合には、細かい項目立てがしてあるので、索引として使用し、内容を把握し、更に自分で調べる糸□をつかむというような、そば事典代わりに使うこともお薦めです。書店での販売は既に終了していますが、多少残部がありますので、購入して読んでみたいという方は、事務局までお問い合わせください。一冊2,500円(郵送料は300円)

参考:2018.5.18_「一茶庵片倉英統のブログ」に掲載された記事

 茨城の常陸秋そば
※(公社)茨城県農林振興公社・常陸秋そば振興協議会 制作