セロトニンが増える食べ物は?

皆さん、「セロトニン」ってご存知ですか?

幸せホルモンと呼ばれる「セロトニン」。セロトニンが不足すると、ストレスを感じることがあり、イライラ、不眠などの症状が出ることもあるそうです。逆にセロトニンが増えると、気持ちが落ち着き、やる気も湧いてきて、なぜか爽快な気分になるそうです。

 

セロトニンとは、必須アミノ酸のトリプトファンから作られる神経伝達物質です。つまり、食べ物自体にセロトニンが含まれているのではなく、トリプトファンを摂取することによって、身体の中で生成される物質です。つまり、トリプトファンがふんだんに入っている食べ物を食べることがおすすめです。トリプトファンの摂取目安量は、体重1kgあたり2mgが基準値です。体重50kgの成人の場合は、100mgが摂取量の目安になります。

もちろん、皆さんの大好きなそばにも、トリプトファンは多く含まれています。生そば120gで144mgトリプトファンが入っています。心を込めて打ったそばを食べることは、それだけでも幸せな気持ちになります。

ダブルの効果で、より幸せホルモンが増えそうですね。

新型コロナウィルスの影響で、生活全般に自粛が求められるなかで、少しでも楽しく暮らすために、トリプトファンが多く含まれる食べ物を食べて、幸せホルモンのセロトニンを増やしましょう。セロトニンが溢れてくると、みんなが楽しい生活を送れるようになり、明るい社会になりそうです。

                       ~ レシピなどを紹介するE・recipeより抜粋 ~

0

次の記事

疫病平定を願う大助人形