桧枝岐 裁ちそば 「滝音」へ⛄

1月8日(土)に、福島県 桧枝岐の裁ちそばの「滝音」に行って来ました🚙

3月13日(日)に開催する日本一のそばを楽しむ会で、店主の星さんに模範演技をお願いしているので、ご挨拶を兼ねての訪問です✨

当日は、朝8時に事務所に集合して、6人で出発です🚙

桧枝岐に近づくにつれ、徐々に雪深くなっていきます⛄前日は、吹雪だったそうですが、当日はお天気に恵まれました🌞太陽の光に輝く新雪が、とてもキレイでした❄

途中事故渋滞に巻き込まれながらも、お昼過ぎに「滝音」に到着です🚙

あらかじめ予約をしていたので、6人分の席を用意して待っていてくれました。

早速、注文です✨並盛(150g)と大盛(200g)から、選べます。

注文すると、目の前で裁ちそばを打ってくれます。

十割そばの粗挽き粉に最初に水を入れて水廻しをし、その後こねながら熱湯を何回かに分けて入れていきます。入れる量は、いい加減(良い加減)だそうです。

水分量が決まったら、しっかり練り込みます。棒状に練り込んだ後、玉にします。(今回は6人前なので、6個です。)玉を1つずつこねて平らにし、麺棒で広げます。厚さは、2mmくらいです。

生地が柔らかいと断面が光らず、のど越しが悪くなるそうです。星さんいわく”こそっぱいそば”になるんだそうです。ちなみに、ザラザラするという意味です。

延した生地を半分に切って重ねます。切るときは、布を裁つように切ります🔪私達が手ごまで切ると、気を付けているつもりでも指を切ってしまうことがあります👆まさに熟練の技ですね✨

打ちたて茹でたてを、早速いただきます。

そばの香り高い甘みのあるそばでした✨最初は、何もつけずに、その後北海道産のこだわりの塩でいただき、最後につけ汁でいただきます。そば湯も甘みが感じられて、美味しかったです。

ドラマの「相棒」などでお馴染みの俳優 六角精児さんも、星さんのそばのファンだそうです😊

 

帰りに、桧枝岐の燧の湯(ひうちのゆ)に立ち寄って、お腹も心も大満足の小旅行になりました😊

星さんご夫妻には、大変お世話になりました。ありがとうございました。

帰りに木と石で作ったお土産もいただきました。事務所に飾ってありますので、ぜひ見に来て下さい✨

そして日本一のそばを楽しむ会での、ユーモアたっぷりな星さんの模範演技をぜひご覧下さい✨

 

 

 

前の記事

雪が降りました⛄